木造?鉄筋?新築を立てるならどっち?

家を建てるなら木造と鉄筋のどちらを選ぶ?

新築は増えている?

住宅の構造にはどんなものがあるのかご存じですか? 大きく分けて2種類があります。 神社やお寺、歴史的な建物によく見かけられる木でできた建物。 もう一つは、ビルなどに用いられている鉄筋建築ですね。 見た目で全く違うのはわかりますが、具体的にはそれぞれどのような建築方法をとっているのでしょうか。

木造の利点と欠点

住宅を建てる際の主な建築構造としての木造と鉄筋造。 それぞれ、当然ではありますがメリットとデメリットがあります。 家を建てることを思い立ったら、それぞれの構造について詳しく理解しておく必要があります。 ご自分の希望する家がどちらの構造がふさわしいのかを決めることが、住宅建築を依頼する際には重要です。

住宅の構造にはどんなものがある?

2019年から猛威を振るっている新型コロナウィルスの影響は、建設業界にも打撃を与えました。
最も大きな影響だったのが東京オリンピックの延期でしょう。
周辺設備の工期が延期になったり中止になったりと、混乱を極めていました。
新設住宅着工数も例外なく影響を受けており、2019年は前年比7.3%の減少、2020年は前年比8.1%減と、激減といってよい状況が続きました。
ワクチンの接種が進んだ2021年は、前年比5%増、85万6484戸まで回復しました。
中でも持ち家の着工件数は9.4%%増と著しい上昇傾向を見せており、個数にして28万戸を超える件数となりました。
ついで貸家が4.8%増の32万戸、分譲住宅では一戸建てが7.9%増なのに対し、マンションは6.1%減少となっており、一戸建て住宅の増加が顕著になっています。
着工件数が回復したものの新型コロナウィルスの影響は強く、リモートワークの導入による自宅でのワークスペースの確保の需要が増え、広いスペースの確保が住まい選びの中で重要になってきています。
またおうち時間が増え、いかに自宅で快適に過ごすかということに注目が集まってきたことも見逃せません。
このような住環境に求める要素の変化から、マンションよりも戸建てに人気が集まっていると考えられます。
それが、新築着工件数の差に現れていると考えられます。
これからも増えると考えられる戸建て着工、あなたならどのような家を建てたいですか?

鉄筋のメリットとデメリット

木造と比べると、頑丈な建造物であるイメージの強い鉄筋コンクリート造の建物ですが、当然メリットもデメリットもあります。 木造の住宅と比べると、無機質、都会的、スタイリッシュ、といったイメージがある鉄筋住宅には、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

TOPへ戻る