家を建てるなら木造と鉄筋のどちらを選ぶ?

木造の利点と欠点

木造建築のメリット

現在、日本に存在する住宅の9割以上が木造建築であるといいます。
日本は四季があり、季節により気候も湿度も変化するのが魅力でもあります。
そのような環境の中、吸湿性に優れる木材を使った建物は好ましいということが理由の一つです。
メリットはそれだけではありません。
木には、それ自身に断熱効果、そして除湿効果が備わっています。
四季によって気温や湿度が変化する日本の気候に適しており、夏は外気を遮断し、冬は温まった室内の熱が外に逃げてしまうのを防いでくれるのです。
また結露やカビの防止にも効果が高く、年間を通じて快適に過ごすことができるのです。
また木の香りや見た目はリラックス効果もあり、快適な住空間の演出ができます。
費用面でも、鉄筋コンクリート造に比べてリーズナブルな金額に抑えることができます。
これが、日本で木造住宅の割合が高い理由でもあります。

木造建築のデメリット

木造建築のデメリットというと、「火」に弱いと考えがちです。
確かに、木は燃えるものという認識が強いです。
建材としての太い木材は熱伝導率が低いため、実は木材の内部までは燃えにくいのです。
火災が起きても構造の中心にある木材は燃え残っていることが多いようです。
もっと大きなデメリットとしては、建築法で決められた耐震性を確保するために、取り除くことができない柱や壁があることです。
他の建築方法と比較して間取りの変更がしやすいと言われていますが、どうしても取り除けない柱や壁があり、思い通りに変更できない場合もあります。
また天然の木材を使用している場合は、白アリの被害にあったり自然災害により劣化したりしてしまうこともあり得ます。
定期的に防虫剤の散布や外壁や屋根のメンテナンスが必要になります。


TOPへ戻る